フィナンシャルアカデミーの無料体験講座『お金の教養講座plus』の口コミ・評判等を徹底評価。

ファイナンシャルアカデミーについては『ファイナンシャルアカデミーの概要・評判・口コミを徹底評価』で紹介しました。

 

ファイナンシャルアカデミーでは講義の雰囲気を体験してもらうために、『お金の教養講座plus』という毎月3000人が参加している4時間の無料体験講座を用意しています。

ヒッデーオ
お土産を購入する前に味見をするのと同じじゃな。

アホヤン
私も『お金の教養講座plus』に参加してきたのでお伝えしていきますよ!
本日は『お金の教養講座plus』の概要と口コミ・評判についてお伝えしていきたいと思います。

『お金の教養講座plus』の概要

『お金の教養講座plus』は二部構成になっており前半は『お金の教養講座』、後半は資産運用スクールの紹介も兼ねて入門的な内容の説明となっています。

ヒッデーオ
内容的には入門〜初心者のレベルなので中級者以上には物足りないじゃろうが、雰囲気を知ることができるぞ

第1部:お金の教養講座

前回お金の教養について以下の1-7ということをお伝えしました。

  1. お金の考え方
  2. お金の貯め方
  3. お金の使い方
  4. お金の稼ぎ方
  5. お金の増やし方
  6. お金の維持管理
  7. 社会還元

本スクールでは『お金の教養講座』として1-7を本格的に学ぶスクールみ開講されているますが、『お金の教養講座plus』の第一部では1-4の導入についての講義が行われました。

ヒッデーオ
資産運用を行う前にタネ銭がないと投資をおこなえんからの。

 

どのようにタネ銭を貯蓄するか、また自分に投資して収入を増やすための方法の一端について、わかりやすい講義がなされていました。

アホヤン
ダイエットを例にとりながら、わかりやすく説明していましたね!

 

第2部-1:資産運用の必要性

第二部は資産運用の必要性と資産運用スクールの導入です。

皆さんの基本的な収入は労働収入となりますが、いつまでも労働でお金を稼げるわけではありません。

ヒッデーオ
定年退職という年齢による制限もあるし、病気によって働けなくなるということもあるからの。

 

常に労働収入に頼っていると老後の不安が残りますし、病気や事故等の不測の事態で収入を失う可能性を捨て切れません。

そこで重要となってくるのが労働収入以外の収入です。

副業という選択肢もありますが、結局のところ労働収入に変わりはありませんので資産運用による収入の確保の必要性についてわかりやすい説明があります。

ヒッデーオ
それにな、結局資産を築くためには株式投資を始めとした資産運用が必須なんじゃ。

アホヤン
どういうことですか?

経済学者トマピケティの『21世紀の資本論』という世界的なベストセラーによると、給料に直接影響する経済成長率は200年平均で2%の一方、有史以来資産運用の利回りは平均5%となっています。

 

ヒッデーオ
更にご存知の通り、この30年間日本は給料はあがらず増税が積み重なり可処分所得は減少の一途をたどっておるからな。

アホヤン
資産運用で自分の身は自分で守らなければいけない時代ということですね。。大変だなー。
我々の住む労働生産性の低さと少子高齢化で日本は経済成長の停滞が30年間にも渡っており、給料は横ばいで増税が重なり国民は年々貧しくなっていっています。
第1部で学んだ貯蓄法と収支管理によって蓄えた資金を運用することによって大きな資産を形成することができるのです。

第2部-2:資産運用スクールの入門

第2部の序盤で資産運用の必要性について講義があった後に、ファイナンシャルアカデミーのメインコンテンツである以下の三つの導入となっています。

  • 株式投資スクール
  • 不動産投資スクール
  • 外貨投資・FXスクール

 

株式投資については企業の業績と株価の関係をEPSとPER等の指標を用いて簡単に説明があった後に、チャートから上昇する銘柄の条件について軽く説明があります。

ヒッデーオ
あくまで本スクールの為の入門という簡単な説明じゃが、雰囲気を掴むにはちょうど良いの。
不動産投資スクールについてはしっかりとした収益が出る収益不動産の見分け方の基礎知識について触れていました。

外貨投資・FXスクールではスワップポイントで収入をえる方法を豪ドルを例に説明していました。

ヒッデーオ
外貨投資・FXスクールの部についてはワシのように経済・金融に明るいものには納得がいくものではなかったの。ここからは少し難しくなるから興味のある者のみ読むがよいぞ!

 

スワップポイントとは詰まるところ豪ドルと日本円の金利差によって発生します。

しかし、そもそも豪ドルの方が金利が高いのはオーストラリアの方がインフレ率が高いからです。

各国の金融政策はインフレ率を丁度良い水準(オーストラリア・日本を含め大抵の先進国は2%)に調整することを政策目標としています。

当該国の国や企業がモノやサービスを欲する力が強い(=需要が大きい)為、供給を上回って価格が上昇することでインフレ率が高くなります。

ここで中央銀行が金利を高くすることで、個人でいえば住宅を購入しずらくなりますし、企業も設備投資などの新規投資のために借金(=借入をする)することを抑えます。

つまり金融政策で金利を上昇することで、需要が抑えられてインフレが鎮静されます。

アホヤン
結局インフレがどうFXと影響するのか全く見えてこないんですけど。。

ヒッデーオ
インフレというのは言い換えれば、通貨の価値が下落しているということの裏返しなんじゃ。どうじゃ?ピンとこんか?
わかりやすい例を用いて説明すると今現在1AUD=100円だとします。
今、現在100円=1AUDのアイスがそれぞれの国で売られていたとします。
翌年、オーストラリアではインフレが発生して1AUDのアイスが2AUDに値上がりする一方、日本ではインフレが発生しないので100円のままだとします。
翌年のレートは両国のアイスはアイスで変わらないので2AUD=100円となり1AUD=50円と円高に振れます。

アホヤン
インフレが進行している国では通貨価値が下落する。つまりスワップポイント狙いで豪ドル円を保有したとしても、豪ドル円が下落しては意味ないですね!!

ヒッデーオ
その通り!金利とインフレどちらの影響が強いかを考えるために実質金利という指標があるんじゃ。

スワップポイント(金利)とインフレ率のどちらが影響が大きいのかという指標に実質金利があり、

実質金利 =  名目金利 ー インフレ率

で求められ日本はどちらも0%で実質金利は0%、オーストラリアは名目金利は1.5%でインフレ率は1.5%程度で0%と結局同じになっています。

実質金利が同じなのでスワップポイント狙いで豪ドルを購入するというのは合理的な選択ということにはなりません。

ヒッデーオ
その他にも為替レートを決定する要素・変数は多すぎて正直運否天賦の要素が強すぎるんじゃ。

 

 

『お金の教養講座plus』の内容からもやはり受講するとするなら、『株式スクール』が一番よいかなという印象でした。

本スクールと割引制度の紹介

『お金の教養講座plus』はファイナンシャルアカデミーの入門編ということもあり最後に『株式投資スクール』『不動産投資スクール』『外貨・FXスクール』の宣伝がありました。

アホヤン
けど、勧誘とかはなくてアンケート用紙に書く形式だったので全然強要感はなかったですよ!

 

『お金の教養講座plus』に出席した方には、各スクールに付随しているゼミの割引制度も用意されているので、ファイナンシャルアカデミーに興味のある方は出席された方が良さそうですね。

↓お金の教養講座公式ページ

また、更にスクールについて知りたいという方に向けて株・FX体験学習コース1.5時間、不動産体験学習コース1.5時間が用意されているので、続いてそちらに参加しても良いかもしれません。

『お金の教養講座plus』の感想と評判・口コミ

では実際に参加した感想と評判・口コミについてお伝えしていきたいと思います。

アホヤン
僕のような入門〜初心者レベルには為になる内容が含まれてましたよ!

ヒッデーオ
まあワシのような上級者ともなると全て知っている内容で物足りなかったがな。Global Financial Schoolの入門講座『お金の達人入門講座』の方が示唆に飛んでおったな。
そもそもファイナンシャルアカデミーの本スクールが初級〜中級者向けということもあり、
初心者の方には丁度良いレベル感でしたが、ある程度知識がある方には物足りない内容となっています。

WEB上では評価している内容が殆どで悪い感想を持っている方は少なかったです。

 

良い口コミ
1.昨日はファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座に行ってみた。無料で4時間の講座だったけど、右も左もわからない初心者的にはありがたい話だったな~。興味のあった株式投資の勉強意欲にもなった(30代女性)

2.今日は ファイナンシャルアカデミーの無料講座「お金の教養講座Plus」へ行ってきました。4時間 興味深いお金の話しが聞けました。 初心者でも聞きやすく、有料講座への押し売りも全くないので、みなさんにおススメ出来る内容です(^-^) 全然、興味の無かった不動産投資の話しもおもしろかったです。

 

3.ファイナンシャルアカデミーの講演を聞いて来た。投資や経済の話。初心者用に話が分かりやすく、面白い内容だった。講座の宣伝、受講の促進だとは思うけど、為になった。(50代男性)

 

4.ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」に参加。  うんうん。金はないが勉強になり、面白い。お金に対する見方が変わりそう&商品のすすめ方がかわりそう。(30代男性)

ネガティブな口コミ

1.投資経験者には簡単な内容。300,000円近い講義を受けるより自分で勉強しようかなと思った。

 

2.ファイナンシャルアカデミー の『お金の教養講座plus』を受けてきました。 内容としては初心者用の本の内容と同じレベルで物足りなかったが、5年前に聞いたら為になる内容だったんだろうなーという感じ。

 

やはり、ある程度投資を経験している方には物足りない内容となっているとの感想ですね。

 

初心者から上級者まで対応している「グローバルファイナンシャルスクール」の入門講座で無料で提供されている『お金の達人入門講座』の方が適しているでしょう。

 

 

[公式ページ]https://gfschool.jp/

 

 

 

まとめ

ファイナンシャルアカデミー は体験版として『お金の教養講座』を無料で提供しています。

内容としては初心者向けで中級者以上には物足りないのですが、例を用いてわかりやすく説明しており本スクールに興味を持つ内容となっています。

ファイナンシャルアカデミー の雰囲気を体験し割引制度にも興味のある方は足を運んでみては如何でしょうか。

↓お金の教養講座公式ページ

 

 

関連:[ファイナンシャルアカデミー(FA)]お金の学校の先駆者について総まとめ!金融リテラシーを効果的に高めよう。

なぜ今お金を学ぶのか?

 

老後はどのくらいのお金が必要ですか?

何歳まで働き、どのくらい稼げますか?

皆さんの祖父母世代は、銀行にお金を預けているだけで金利が10%、親世代は7%がつきました。

今は、0.01%しかつきません。

資産が倍になるまでの年数は、10%であれば7.2年。 7%だと10.2年。

今の日本の、0.01%だと6932年かかります。

昨今の2000万円問題もあり、投資による自助努力で、老後資産を築き自身の身を守る必要が出てきてます。

しかし、焦って投資を進めてしまうのはおすすめしません。 必ず失敗します。

また、資産運用を始めるにあたり、まずはセミナーに足を運ぶ選択肢もあります。

このサイトでは、あなたの目的や生活スタイルに合った投資・資産運用、おすすめのセミナーを特集しています。

資産を増やしていくには、適切な「伴走者」が必要です。

お金の不安を解消すべく、このサイトを活用し、明るい未来への第一歩を踏み出してください。