[GFS]注目のお金の学校「グローバルファイナンシャルスクール」の内容・講師陣・価格に受講者視点で解説!

 

近年は、最も重要な教養の一つとして「経済」・「金融」・「資産運用」といった『お金』周りのことを学ぶことの重要性が、日増しに強くなってきております。

 

この記事では、日本人の金融リテラシーの劇的な向上を目指し、日本人の資産形成に資する『お金の本質』を身につけることを目指すお金の学校。

 

2019年に開校した「グローバルファイナンシャルスクール(GFS)」について取り上げたいと思います。

 

 

GFSの理念

 

 

現在GFSは、期間限定無料で1日限定セミナー「投資の達人になる投資講座」を提供しています。

 

GFSに興味のある方、お金の本質について学びたいという方は、講座に参加して「お金はどのように学んでいくべきなのか」また、具体的な株式銘柄の選択手法など、感触を掴んでみると良いでしょう。(地方在住の方や、東京在住の方でもオンラインで受講可能です)

 

 

投資の達人になる投資講座

 

 

実際に筆者もGFSに入学しているのですが、講義が分かりやすく、お金の知識が日に日に増えていっていることを体感しています。

 

GFSに入学するには、「投資の達人になる投資講座」への参加が必須です。

お金を学ぶ理由について明確にするため、またGFSの理念に共感できるかどうか、認識合わせも目的としているようです。

 

以下は、スクール生のみが閲覧できるグローバルファイナンシャルスクールの動画講義です。

 

 

GFSに入会している証拠

 

 

それではGFSの具体的な講義内容やその魅力についての解説に入っていきましょう。

 

グローバルファイナンシャルスクール (GFS)の対象者と学べること

「グローバルファイナンシャルスクール」(以下GFS)の理念は、「人々のお金の不安をゼロにする」とされている、「動画講義(webオンライン)」をメインとした「お金の学校」です。

メディアでも多々取り上げられており、注目のスクールであることが伺えます。
GFSのメディア出演

引用:https://toushi-up.com/

オリコンニュース / ストレートプレス / ウレぴあ総研 / エキサイトニュース / 楽天インフォシークニュース / ニュースカフェ / バズギャング / ジェーピープレス / 現代ビジネス / プレシデントオンライン / シーネットジャパン / ニコニコニュース / アールビービートゥデイ / 東洋経済オンライン 上記以外にも様々なメディアに掲載されています。

GFSでは日本の金融リテラシーを向上させるために、対象者を以下としています。
<GFS受講の対象者>
入門

初心者
18歳〜80歳の全ての日本人
今まで投資・『お金』について本気で学んだことがない人
投資について何が分からないのかが分からない
『お金』の不安がある人
中級者 もっとお金の勉強をしたい人
本気で資産運用を勉強したい人
上級者 WEBや本では知り得ない貴重な生情報を知りたい
更に高い利回りができる投資先を知りたい
長年寄り添ってくれる教科書が欲しい

 

 

GFSの講義の対象者が広く設定されていることもあり、一度入学すると、学べることは非常に多岐にわたります。

 

お金の学校」というと資産運用に関する講義のみではないのか? と疑問になります。
もちろん、講義は資産運用が主軸ではありますが、それだけでは本質的な理解ができません。

 

経済・歴史など満遍なくGFSの講義はコンテンツが充実しています。

 

 

GFSで学べることは、「投資の達人になる投資講座」で解説される内容の、さらに深掘りされたものという認識で問題ありません。

 

GFSで学べること

 

  • 1年で10倍になる儲かる株の見つけ方
  • 上がり続ける儲かる投資信託の見つけ方
  • 儲かる不動産の見つけ方
  • 金利6.5%の定期預金の作り方
  • 元本保証で金利9.5%の投資方法
  • 年率5%以上の高配当の投資信託
  • 年利12%でコツコツ投資をする方法
  • 投資詐欺の見抜き方、騙されない方法
  • NISA・iDeCoの活用方法
  • FXの裏側と為替と金利の読み方
  • 暗号資産(仮想通貨)の本当の考え方
  • 世界経済の読み方
  • プロ投資家、機関投資家の裏側、プライベートバンクの裏側
  • 投資の考え方、投資の勉強方法
  • 保険会社が絶対に売りたくない保険
  • 証券会社が絶対に売りたくない投資信託
  • 100万円で13億円を作る方法
  • おすすめの計算サイト
  • おすすめのシミュレーションサイト
  • おすすめの情報の取り方
  • 会社四季報の読み方
  • 日本株と米国株の違い ほか

 

 

体系的な知識を基礎からというのはもちろん、上級者に向けて本やWEBでも知り得ない、グローバルに活躍している現役投資家からの貴重な生の情報を得ることができるのが魅力です。

 

GFSの素晴らしい講師陣

多くの人が、学生時代に学習塾、または何かしらの習い事に通われた経験があるのではないでしょうか?

 

 

コーチの下で部活に取り組んだ方であれば、誰から』教わるかが重要であることは身をもって体験しているのではないでしょうか。

 

GFSの代表は東京証券取引所からも認められた金融教育の専門家・市川雄一郎氏。

 

市川雄一郎氏

 

 

 

 

また、その他講師陣も金融教育の専門家によって運営されています。

 

GFS講師紹介

GFSの講師陣

 

 

 

簡単に代表の市川雄一郎氏の経歴を列挙すると、以下の通りです。

 

● 国家資格1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産運用設計業務)

● 世界24カ国のFP国際資格CFP®認定取得、MBA

● 東京証券取引ニッポン経済応援プロジェクトの専門家集団
「東証+YOU応援団」の1人として全国の投資家育成に尽力

● テレビ番組『ホリプレゼンツ求人任三郎がいく!』に出演(2020年1月17日放送)
モノマネタレントのホリさんから取材を受けました。

● BS12『ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!』に出演(2020年2月22日放送)
テーマは「投資の達人講座は情報が超濃密!」というものです。
番組内では株の選び方をドランクドラゴンさんに伝授。

● その他テレビ、ラジオ等出演多数(お宅訪問家計見直しや番組監修なども)
『会社四季報』編集長との共同セミナーに講師として登壇(東京証券取引所主催)

● 各メディアにて取材、寄稿、監修多数

(日本経済新聞、日経ベリタス、読売新聞、朝日新聞、静岡新聞、東洋経済、住宅新報社、プレジデント、ネットマネー、ダイヤモンドZai、週刊ダイヤモンド、ラジオ日経、野村證券、大和証券、新生銀行、日本郵政グループ、日本生命、住友生命、アクサ生命 ほか多数)

引用:https://gfs-official.com/teachers/

 

 

特に特筆すべき点としては、金融のエキスパートというだけではなく教育者としての実績も十分です。

 

 

代表の市川氏以外にも本だけに留まらず世界を股にかけて投資を行っている歴の長い投資家も在籍しています。

 

世界中から自分の足で貴重な生の情報を取ってきます。

 

 

つまり本やネットを見ているだけでは決して手にいれることができない情報を取得してくることができるのです。

 

GFSでは他にも、各界のエキスパートが講師を務めています。

 

 

GFSの講師陣

 

  • ジム・ロジャーズ氏:ウォーレン・バフェット、ジョージソロスと並んで世界三大投資家の1人
  • ジェレミー・シーゲル氏:ウィズダム・ツリー・インベストメンツの上級投資戦略アドバイザー
  • 宿輪純一氏:帝京大学経済学部教授・博士、東京大学大学院、早稲田大学、慶應義塾大学などで非常勤講師を歴任
  • 金森勝氏:株式会社タックスコンサルティング代表、日本一大きな渋谷税務署長を経て独立(「税務の神様」として講演が大人気)
  • 伊藤元重氏:東京大学名誉教授、公正取引委員会 独占禁止懇話会 会長 など
  • 武者陵司氏:ドイツ証券アドバイザー、ドイツ銀行東京支店アドバイザーなど
  • 川口宏之氏:公認会計士、早稲田大学会計大学院非常勤講師など
  • 浅井佐知子氏:不動産鑑定事務所代表、国交省地価公示評価員、国税庁相続税路線価・固定資産税評価員など
  • 高橋倫彦氏:吉祥アセット株式会社代理取締役、一般社団法人民事信託活用支援機構理事長など
  • 勝又壽良氏:元『週刊東洋経済』編集長 など

 

 

 

 

気になる株式投資の実践講義には、「60万円を7年で3億円にした実践投資法」で有名な堀哲也氏。

 

 

 

 

GFS自体も、TKPという貸し会議室の会社の株で年利100%の利益を獲得するなどの実績を残しています。

 

やはり、実績を残している投資家から投資は教えてもらうのがベストであることは間違いありません。

 

GFSは、主にスクール生限定の動画配信を主体とした、オンラインコンテンツを日々拡大し成長する『お金の学校』です。

 

著名投資家や専門家が次々に講師参加していきます。

 

 

GFSが実際に提供するコンテンツの質については、さらにここから詳しく解説します。

 

講義コンテンツの質・量共に業界No.1のGFSの講義内容

それでは重要なGFSの具体的な講義内容についてお伝えしたいと思います。

 

 

GFSでは株・債券・不動産という三大利殖は勿論のこととして、経済・金融まで全て含めてセットで提供しています。

 

 

動画配信による講義時間は既に300時間を超えています。

 

 

今後、コンテンツ量を質をあげながら拡大し、1000時間以上を目指しています。

 

これは圧倒的なVolumeです。

 

GFSの同業者に当たる他の投資スクールでは講義単価10,000円に対し、GFSは日本最安の講義単価1000円を実現しています。

 

 

 

ちなみに、筆者が入会したのは2019年の4月でした。

 

 

その時点では講義内容が100時間でしたが僅か3ヶ月で講義内容は倍になりました。

 

さらに、生徒側からも要望を出せばGFS運営側が新たな講義を追加する体制が整っています。

 

 

 

順次コンテンツは拡張され、内容も充実していくとので、テキストが常に進化していくことになります。

 

 

 

もちろん、GFSに入学して全てのコンテンツを視聴すべき、というものではありません。

 

自分の人生のライフステージ、また自身の金融知識度合いによって必要になるコンテンツは異なります。

 

 

 

GFSがコンテンツ量を増やし、内容を進化させていっているのは、それぞれの受講生にライフステージごとに、満足のいく学びと悩みの解消を提供するためです。

 

 

現時点で、GFSが提供している株式投資の講義の一部カリキュラムだけで、以下のように充実した内容となっています。

 

 

大分類 講座数
株式の基礎知識 13講座
銘柄選定の基本と四季報 7講座
証券口座について 5講座
株式取引の基本ルール 6講座
リスクマネジメント 3講座
株式税制 3講座
株式に関する法律 3講座
企業財務 7講座
世界の株式市場 6講座
ニュースと株式 10講座
テーマ株式について 4講座
テクニカル分析入門 5講座
合計 72講座

 

 

他のスクールが、自分で学ぼうと思えば学べる内容がほとんどとなっている中で、GFSは随所で独自の生の情報を提供してくれています。

 

 

GFS生でしか知ることができない知識や情報を身につけられる為、質量ともに非常に申し分ない内容となっているのです。

 

ちなみに、筆者が非常に価値を感じるコンテンツは、株の個別銘柄分析に活かせる企業分析講義です。

 

直近では、今流行のユーチューバーマネジメント企業の「UUUM」、いきなりステーキを運営する「ペッパーフードサービス」の企業分析講座が、実際の銘柄選定に生きた内容でした。

 

その他、株式投資の本質を学ぶ有名な題材である、ウォーレン・バフェット氏の「バフェットからの手紙(株主へのレポート」の解説もありました。

 

英語の重要文献も、普段仕事で忙しい方に向け、日本語に訳した上で優しく解説されており、運営のGFSの顧客サービスのきめ細かさも実感した次第です。

 

 

GFSの入学金、価格はいくら?

GFSでは日本で最も低価格の『お金の学校』を目指しています。

 

しかし、具体的な値段については一般的には公表しておりません。

 

料金は1日限定セミナー「投資の達人になる投資講座」の中でようやく紹介があります。

 

GFSは本気でお金について学びたい人のみ入学してほしいという願いがあり、セミナーでGFSの理念と講義スタイルを実感してから入学してほしいという願いがあるようです。

 

 

また、例えば株式投資について考えてみましょう。

 

企業の「実態」から考えられる1株の価値と、実際に「市場で取引されている価格」(=株価)は常に乖離しています。

 

 

つまり1株=1000円の価値がある企業の株が800円で売られていたり、1500円で売られていたりするのです。

 

そして企業の価値自体も常に変動しているのです。

 

これはGFSの価格にも同じことが言えるのです。

 

 

 

先ほどお伝えした通り、現在GFSの動画時間は300時間ですが順次1000時間に向かって拡大していき、「価値は日々増大していきます。

 

そして、GFSの価格も価値が上昇するにつれて増加していくので価格を公表できないという姿勢をとっているのです。

 

 

ちなみに、筆者が入学した時の料金は30万円でしたが、現在の価格がわかりません。

 

筆者個人としては、30万円で1000時間の講義をライフステージごとに選べるというのは、大きなメリットだと思いました。

 

上記で企業分析の講義の話をしましたが、もうすでに30万円のリターンはあったと考えています。

 

 

GFSはサービスの質(=価値)が上昇することで価格が上昇していきます。

 

出来うる限り早めに受講する人に、より多くのメリットがある価格設定になっているのです。

 

 

魅力的な株式に早い段階で投資ができれば、ウォーレン・バフェットがコカコーラ株で大儲けできたように大きな利益を得ることが出来るのです。

 

まさに投資の本質を盛り込んでおり、期待ができる『お金の学校』であることが価格一つとっても見て取ることができます。

 

GFSの無料講座『投資の達人になる投資講座』の口コミと評判は?

GFSは「投資の達人になる投資講座」という投資・資産運用、またお金の本質を学ぶための無料講座を期間限定で用意しています。(地方の方も、在宅オンライン受講も無料で可能

 

 

投資の達人になる投資講座

 

 

筆者も参加しましたので、感想と他の講座を受けた方々の口コミや評判を以下の記事で書いています。

 

 

「投資の達人になる投資講座」は3時間の講義です。

 

 

講師はGFS創設者が担当されており、グローバルから見た日本と世界株式市場、お金が増えるとはどういうことなのか?

 

などなど、本質的な内容から、世界に投資してきたことから見えてきた真実について、凄まじい情報量を圧倒的な熱量で解説をされます。

 

GFSの「人々のお金の不安をゼロにする」という理念の本気を感じましたし、3時間ほどのセミナーが30分に感じられるほど、心動かされるものでした。

 

GFSの理念

 

「投資の達人になる投資講座」に参加して後悔することはありませんので、筆者も自信を持っておすすめします。

 

現在はオンラインセミナーも期間限定無料で提供されているので、在宅でも視聴して、お金の本質に触れてみてはどうでしょうか。

 

 

 

投資の達人になる投資講座

 

 

グローバルファイナンシャルスクールに入校して半年が経過した感想

筆者は様々なスクールが提供しているセミナーに参加しましたが、一番内容に満足したのが「投資の達人になる投資講座」でした。

 

さらに深く、体系的に金融経済から投資について学びたいと思いGFSに入学しました。

 

GFSに入会している証拠画面

 

 

 

結論としてはGFSは基礎から実践編、さらに直近のニュースの紐解き方から個別株分析まで幅広い内容を取り扱ってくれています。

 

以下項目毎に充実した内容となっています。

 

 

各章をクリックすると章毎に何個も授業が展開されています。

 

合計300時間の講義数は伊達ではありません。

 

 

GFSの講義内容

 

 

基礎編でしっかりと基礎を固めた上で各業界のエキスパートから実践的な内容を学ぶことができます。

 

 

例えば、「60万円を7年で6億円にした実践投資法」で有名な堀哲也氏の例の講座を覗いてみましょう。

 

 

彼が大きな資産を築いた投資手法と、その手法を用いた実践的な銘柄分析についても提供されています。

 

GFSの堀哲也氏の動画

 

 

 

上記は一例ですが他にも以下のエキスパートが実践授業を提供しています。

 

GFSの実践・上級編

 

  • ジム・ロジャーズ:世界三大投資家によるスペシャルレクチャー
  • メアリー・バフェット:バフェットの直下で10年共に働いたバフェットイズムの提唱者
  • 永濱利廣:日本の財政の誤解を提供
  • 堀哲也:勝ち残れる株式投資家になるために
  • 藤原久敏:実践投資講座
  • 伊藤元重(東大名誉教授):日本経済の今後とグローバル経済の見通し方
  • 宿禰純一:金融・通過の仕組みから世界を知る
  • 金森勝:元渋谷税務署長が教える知って得する税金講座
  • 浅井佐知子:1人でできる不動産投資
  • 武者陵司:令和からの日本経済復活の道
  • 川口宏之:企業財務を徹底分析
  • 木村真治:アメリカ不動産投資ができる講座

 

 

 

いずれも各分野の専門家や第一線で活躍している方が講義を提供しています。

 

ワールドサテライト出演の伊藤元重さんや元渋谷税務署長の方も在籍と、錚々たる顔ぶれです。

 

 

ジムロジャーズ氏は世界3大投資家として著名で、多くの投資家が同氏の発言に注目しています。

また、GFSは常に受講生に寄り添った講義を提供しています。
そのため、直近のニュース記事の紐解き方などを専門家目線で紹介してくれています。
以下は直近のニュース投稿ですが、ご覧いただければ分かる通りオリエンタルランドなど、時勢にあった銘柄も取り上げて分析してくれています。
GFSの講義内容
新型コロナウィルス感染拡大で相場が大幅に下落している時も、適時で相場の見方を出してくれています。

 

投資初心者だけでなく全投資家にとって、これほど心強い「お金の学校」はないでしょう。

 

まとめ

GFSは実績ある投資家と専門家講師が在籍する、2019年から満を持して運営されている新進気鋭の『お金の学校』です。

 

GFSは現時点で300時間以上、将来的には1000時間を目指す講義を4年間入会金一回ぽっきりで提供しています。

 

当然講義の質も他を圧倒しています。

 

 

入門・初級者は当然のこととして、GFS創設者が世界中から取ってくる生の情報が提供され、上級者まで満足できる内容となっています。

 

まずは1日限定セミナーである『投資の達人になる投資講座』でお金の本質と株式投資の実践を学び、またGFSの理念や雰囲気を実感してみましょう。

 

 

得られるものが、本当にたくさんあるはずです。

 

 

投資の達人になる投資講座

 

 

 

 

 

以上、[GFS]評判の「グローバルファイナンシャルスクール」の内容・講師陣・価格に受講者視点で解説する!...でした。