ファイナンシャルプランナーの資格は、大手資格取得企業の株式会社ユーキャンの2017年調べで4年連続1位に選ばれた人気資格です。

知名度は高いファイナンシャルプランナー。

 

実は、どんな働き方があるのか?

また年収はどのくらいなのか?

資格取得の難易度は?

 

など、意外と知られていないことがあります。

今回はそんなファイナンシャルプランナーの資格について総まとめしていきます。

目次

ファイナンシャルプランナーの仕事と年収事情

ファイナンシャルプランナーの仕事とは、顧客の所得などからライフイベントを予想し将来設計を立てることです。

例えば、住宅ローンや生命保険、子供の進学など様々なライフイベントに備えたお金の相談役といったところです。

 

実務としては、お金の専門家として顧客の悩みや将来の夢を聞き、具体的なファイナンシャルプランを提案します。

この記事では、そんなファイナンシャルプランナーの仕事と年収事情について詳しく紹介しています。

 

『ファイナンシャルプランニング技能士』『AFP』『CFP』の違い

ファイナンシャル・プランナーとは、以下二つの指定機関(複数指定試験期間方式)が実施する技能検定試験に合格した「技能士」の事です。

 

特定非営利活動法人 (NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(以下、FP協会)

一般社団法人 金融財政事情委員会

 

まず、ファイナンシャル・プランナーを目指す人は、国家資格である3級試験を受け、合格すると2級試験を受験することができます。

更に1試験を受験することが出来ますが、殆どのファイナンシャル・プランナーはAFP認定者を目指します。

 

以下の記事では、3つのファイナンシャルプランナー 資格である『ファイナンシャルプランニング技能士』『AFP』『CFP』の違いを解説しています。

 

ファイナンシャル・プランナー「1級、2級、3級」の難易度は?

人気資格と言われるファイナンシャル・プランナーですが、この国家資格は「1級、2級、3級」といった段階に分かれています。

 

1級が一番難易度として高く、2級、3級と難易度が下がっていきます。

とはいえ、どの級もそれなりの学習をしないと簡単に取得することは出来ません。

 

以下の記事では、それぞれの段階の難易度や合格率、また独学での合格は可能なのかについて紹介しています。

 

一消費者として、FPに相談するメリット・デメリット

ファイナンシャルプランナーといえば、お金の専門家として私たちのライフプランの相談にのってくれる頼れる存在です。

しかし、家計というセンシティブな話ですから、誰にでも話していいという訳にはいきません。

そこで、どんなファイナンシャルプランナーに相談するとメリットがあるのか、また相談するデメリットについて考えてみましょう。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するメリットは、家計の現状がしっかり確認できることです。

家計の問題点をあぶりだすことで、オリジナルのライフプランを作ることができます。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するデメリットは、不必要な金融商品を買わされてしまう場合があることでしょう。

ファイナンシャルプランナーは収入の一部として、保険商品などを販売しコミッションを得ています。

 

以下の記事内ではさらに具体的に、解説していますので参考にしてみてください。

 

まとめ

今回はファイナンシャルプランナーにまつわる事項を総まとめしてきました。

この記事を参考にして、ファイナンシャルプランナーの取得を目指す、または相談するかどうかも検討してみましょう。

 

関連:「お金の資格」(FP・CMA・税金のプロ、税理士)を総まとめ!金融リテラシーを高める(資産運用・投資に向けて)本当に必要な知識は何か?

 

(FP)ファイナンシャルプランナーの記事一覧