誰でも「節税」はしたいと考えるでしょう。

しかし、なかなか節税しようにも、情報が複雑で、節税の実行まで至っていない人が大半なのではないでしょうか。

この記事では、税金を少しでも圧縮するための、節税に関する知識を網羅的に紹介しています。

目次

個人事業主の経費活用で節税

個人事業主にとってとても手間のかかる確定申告の時期が迫ると億劫になってしまいますよね。

 

「日々の仕事が忙しくて全然節税対策ができていない」

「そもそも経費や控除についてよくわかっていない」

 

経費や控除の仕組みのを理解を深めることによって、個人事業主でも簡単に節税をすることができます。

以下の記事で詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

 

保険で節税

法人保険に加入することで、月々に支払う保険料が損金になり、法人税を節税できるという話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

そのような仕組みは「節税保険」と呼ばれ、保険料を積み立てながら、納める税金額を抑える仕組みとして活用されています。

また、積み立てた保険料の一部は、満期になると解約返戻金として受け取れます。

 

これだけ聞くと、「なんてお得な仕組みなんだ」と思いたくなりますよね。

詳しくは、以下の記事で解説していますので参考にしてみてください。

 

ポイント還元で節税

「税金を支払うときにカードを活用してポイントを獲得したい」と思う人もいるはず。

所得税や住民税、自動車税などの税金は専用サイトを利用することでカード支払いできます。

 

インターネットに接続すればいつでもどこでもカードで納税でき、分割での支払いに対応しているのが特徴。

現金で納税するよりもユーザーにとってお得であるメリットがあります。

 

貰えるポイントを逃さないためにカードで税金を支払う方法を知っておきましょう。

 

住民税は節税可能?

毎年支払う住民税、サラリーマンにとっては毎月給料から強制的に天引きされています。

給料支給額と実際に手元に残る金額(手取り)の差に驚き、失望したことのある方も多いのではないでしょうか。

 

できれば払いたくない住民税。

以下の記事では、ふるさと納税や医療費控除など、住民税の節税方法について紹介しています。

 

公務員に特化した節税方法

長生きすることで年金が貰えなくなったり生活に困窮したりする不安がある今では、出費を減らして資産を蓄えることは重要。あなたのお金を守るのに役立つのは節税することです。

 

各種制度を活用することで将来に備えつつ今の出費を減らせます。自分で保険や年金に加入することで、税金の控除を受けながら将来の生活資金を貯めることも可能です。

 

税金の支払いで損をしないために、公務員が活用できる節税方法を知っておきましょう。

 

扶養控除

教育費や生活費などの育児コストで家計の負担は厳しくなりがちです。

扶養している子供がいれば課税所得が控除される扶養控除を活用することで、税金を減らして負担を少なくできます。

 

所得が少ない人が年少の子供を扶養することで、住民税を免除することも可能です。

以下の記事では、子供がいる世帯が控除を受ける方法や条件について解説しています。

 

税金の勉強・おすすめ書籍

事業や仕事でお金を稼いでいる人にとって、減らしたいと思うのは税金であるはず。

今では節税テクニックをインターネットで知れますが、情報によっては間違っている場合もあります。

 

身元が分からない人から節税を知るよりも、筆者が明記された本で節税を学ぶほうが安心です。

あなたが支払う税金を少しでも安くするために、節税を勉強できる本を知っておきましょう。

 

まとめ

今回は、節税に関するトピックでした。

多くの人は「こんな節税方法があったのか」と思う内容もあったのではないでしょうか?

節税は「知恵」です。「知恵」は勉強している人からしか生まれません。

 

税金について、理解し、できるだけ手取額を大きくできるよう、努力していきましょう。

 

 

関連:[税について学ぶ]税金とは何か?資産形成に必須の知識を簡単に解説!

節税対策の記事一覧