ここでは、老後の生活の楽しみ方、必要な資金、その必要な資金を貯めるにはどのようにすれば良いのか。

網羅的に解説していますので、老後に不安を覚えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

老後の生活の真の楽しみ方

ようやく働ききって60歳、会社によっては65歳を迎えて定年退職となった。

今後は余生を楽しく過ごそうと心を躍らせていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

 

以下の記事では、老後の生活を楽しみたい方に向けて、

  • 現役世代から老後の過渡期に気をつけたいポイント
  • 老後を楽しむための心構え

 

という論点で記載しています。

 

 

老後に必要な生活費(夫婦)をデータから確認しよう

老後の生活費については人生の最後の悩みといっては過言ではないのではないでしょうか?

巷では老後生活費は15万円で十分であるという話もきかれますが、真偽のほどについて総務省のデータを元に見極めていきたいと思います。

 

一言に生活費は15万円といっても単身世帯と独身世帯では大きくことなります。

以下の記事で、詳しく解説しています。

 

 

 

 

金融庁の『老後2000万円報告書』が世間を賑わしてしばらくが経過しました。

今まで以上に老後に対して不安を抱かれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

以下の記事では『老後2000万円報告書』の内容について紐解いた上で問題点を指摘します。

その上で子供が巣立ち夫婦二人で老後を迎えた場合に必要となる資金についてお伝えしています。

 

 

 

「老後の資金はいくら必要か?」こうしたザックリとした質問への解答は、「そりゃ、多いに越したことはないですね」と言うあいまいな答えになりがちです。

というのも、老後とはそもそも不確定要素が多いため、一定のモデルケースが作りにくいからです。

 

必要老後資金の一般的な概略は、

 

【老後支出の総額 - 老後収入・貯蓄の総額  = 必要老後資金額】

と言われています。

 

これは前提の置き方で広範囲な試算が可能となります。

以下の記事では、老後の必要資産の試算方法を詳しく紹介しています。

 

 

 

もし、老後に貯金がなければ、一体どうなってしまうのでしょうか?

たとえば、銀行に行っても残高はゼロ、株式や不動産などの金融資産もない、結婚もしておらず子供もいない。

定年退職で会社も辞めてしまった。

 

果たして年金だけで老後の生活は成り立つものなのでしょうか?

以下の記事ではその点を詳しく解説しています。

 

 

 

 

先行きが見えない時代、仕事引退したらどう生活するのでしょうか。

最近、定年退職時に3000万の貯蓄がなければ老後の生活ができないという話をよく耳にします。

 

退職金がない企業だと、そもそもそこまで貯蓄することは非常に難しいものです。

退職金があったとしても、大企業の退職金の平均は2000万円であり、中小企業の退職金はそれよりも低いものとなります。

 

ここでは、仮に定年退職時に500万円しか貯蓄できなかった場合、どうすればよいのか。

以下の記事で紹介しています。

 

 

 

老後資金を作る「資本収益」の重要性

上記の記事で、老後の資金は以下のような大金を蓄える必要があることがわかりました。

 

老後に必要な資金

 

【高齢者夫妻の必要資金】

  • 厚生年金受給で都内賃貸:8000万円必要
  • 厚生年金受給者で持ち家or地方在住:老後資金はインフレ発生しない場合必要なし
  • 国民年年金受給者で都内賃貸:1億円近く必要
  • 国民年年金受給者で持ち家or地方在住:3500万円近く必要

 

【独身高齢世帯の必要資金】

  • 厚生年金受給者で都内賃貸:2500万円必要
  • 厚生年金受給者で持ち家or地方在住:老後資金はインフレ発生しない場合必要なし
  • 国民年年金受給者で都内賃貸:6000万円近く必要
  • 国民年年金受給者で持ち家or地方在住:3500万円近く必要

 

 

以下記事では、資金が蓄えられず、老後に困らないための資本収益の重要性についてお伝えしています。

 

 

独身の老後に必要な資金の目安は?

単身者の場合老後に必要な資金はケースによって様々となります。

  • 厚生年金受給者で都内賃貸:老後資金は2500万円必要
  • 厚生年金受給者で持ち家or地方在住:老後資金はインフレ発生しない場合必要なし
  • 国民年年金受給者で都内賃貸:老後資金は6000万円近く必要
  • 国民年年金受給者で持ち家or地方在住:老後資金は3500万円近く必要

 

たとえ単身世帯であったとしても多くの老後資金を見込んでおく必要があることが分かります。

以下の記事では、さらに詳しく上記の根拠をデータから示しています。

 

 

<コラム>日本人は老後を心配しすぎなのだろうか?

日本人は老後の資金について心配する傾向があります。

実際に先日発表された『老後2000万円報告書』で社会問題となるのも日本ならではの現象であると思います。

 

以下の記事では、「結局日本人は老後について心配しすぎなのではないか?」という点を欧米と比較しながら見ていき、必要な対策についてもお伝えしていきたいと思います。

 

 

現役時代に老後の資金を貯める方法

老後の資産を単純に収支の老後期間の積み上げで算定すると大変な金額になります。

しかし、資本収入で年金との不足分を補うと考えれば算定よりずっと少ない資産を構築することで老後資産への不安は解消されます。

 

現役世代に資本収入をえるための資産を構築するのに最適なのが強制的な天引きを用いた方法です。

ただ貯蓄すれば大きな資産を形成することができませんが、国が提供してくれている『iDeCo』や『つみたてNISA』を活用することで大きな資産を形成することが可能となります。

 

また、筆者が投資や経済全般について学んでいる『グローバルファイナンシャルスクール (=GFS)』ではどの商品を選べばいいのかを含めて詳しく教えてくれています。

以下の記事で、上記内容を詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

 

 

老後資金を作る計画を立てよう(シミュレーション)

厚生労働省の調査によると、65歳以上の高齢者世帯で、「貯金がない」と答えた割合は15.1%にも上ることが分かりました。

 

しかし、こうした高齢者の方たちを責めることはできません。「老後に貯金が必要」と言われても、実際に老後の生活をしたことがないので、実感が湧かないからです。

 

老後の夫婦の姿をイメージして計算するのも難しいですよね。

そこで、以下の記事では、簡単なシミュレーションを用意しました。

 

月々の生活費をもとに、いったい貯金はいくら必要なのか、一目で分かるようになっています。

また、そのシミュレーションを参考に、「いつから」「いくら」貯めていくのか、その戦略の立て方を解説しています。

 

 

 

老後資金を作るために、できることはいくつかあります。

その中で自分にあった方法を選ぶのは、少しだけ勉強する必要があります。

 

若いうちから仕組みを理解して準備を整えておくことで、老後の過ごし方がガラリと変わってしまいます。

人生のうちで1週間だけ、しっかりと年金のことを勉強するだけで、老後破産を防げるのです。

 

人生100年時代、老後資金を貯めるのにすべきことを以下の記事ではまとめています。

 

 

 

 

会社の給料を貯蓄に回すだけではかなり厳しい戦いが予想されるため、貯めたお金を投資に回していく方法をここでは考えて見ましょう。

NISAは年間120万円を投資に回すことの出来る制度で、投資から得た利益については課税がされないという仕組みです。

 

投資を始めて5年目末に利益が確定しますが、1度売ってしまうと税制優遇がなくなってしまうことから、もっと長い期間持っておこう!という気持ちが芽生えます。

最終的には20年先まで税制の優遇が得られます。

 

投資がうまくいけば福利の高価で元本が大きく膨らむことになります。

以下の記事では、老後への貯金に向けてNISAに加えて、iDeCoについても紹介しています。

 

 

老後の生活費・医療費・介護費の不安を解決しよう

老後不安を解消するためには現実的なマネープランが欠かせません。

 

それは単なる生活費の確保だけではなく、同時並行して医療、介護のリスクとどのように向き合っていくかが重要な課題であって、それはいわば車の両輪のような位置付けとなるのです。

 

特に介護の問題はひとたび巻き込まれると、周囲や関係者の人生設計の変更を余儀なくされる大問題へと発展することもあり見過ごすことはできません。

 

そこで、老後不安を解消するために、ここでは以下3点(生活費、医療、介護)の視点から考察していきます。

 

 

まとめ

老後の生活を充実したものにすべく、上記記事を参考にして、資産運用をしていきましょう。

運用は早く取り組めばそのぶん、資産形成のスピードは早くなっていきます。

 

 

関連:【金融・マネーの知識】リテラシーを高める意義・必要性を徹底的に解説。正しい「勉強」は老後の生活を救う!

老後の生活不安解消に向けての記事一覧

株式投資セミナー

SEMINAR1

グローバルファイナンシャルスクール主催「投資の達人になる投資講座 」

グローバルファイナンシャルスクール主催「投資の達人になる投資講座 」
引用元:投資の達人になる投資講座 https://toushi-up.com/

グローバルファイナンシャルスクール(以下、GFS)主催の1日限定セミナー「投資の達人になる投資講座」。GFSは2019年開校、すでに受講者数が数千人を超える、現在最も注目されている「お金の学校」。株式投資を中心に、債券、不動産といった投資全般から節税対策、保険といったライフプラン全般までを対象にしている。講座は今後「株式投資を志す」、または「お金の本質を理解したい」という方に向けて3時間にも亘って濃い内容の授業が展開される。講座はWebオンライン受講(無料)も提供されているので地方在住の方も気軽に参加可能。

 

 

講座の内容(※一部)

 

● 1年で10倍になる株の見つけ方

● 上がり続ける投資信託の見つけ方

● 証券会社が絶対に売りたくない投資信託とは?

年率5%以上の高配当の投資信託とは?

● 元本保証で金利9.5%の投資手法

金利6.5%の定期預金の作り方

年利12%でコツコツ投資をする方法

● 投資詐欺の見抜き方、騙されない方法とは?

● 保険会社が絶対に売りたくない保険

● 話題のNISA・iDeCoの活用方法とは?

● 会社四季報の読み方

● 仮想通貨の本当の考え方

 

詳細を見る

  • 講師

    講師は実績ある個人投資家やエコノミスト、元東京大学教授、東京三大副都心元税務署長などが在籍。GFSの代表は国際的なファイナンシャルアドバイザリー資格であるCFPを保有し米大MBA、東京証券取引所から「日本のお金の専門家10人」に選出など多数のメディア出演を果たしている市川雄一郎氏。

  • 講座内容

    投資初心者から上級者まで満足できる圧巻の内容

  • 受講料

    1日限定セミナーの「投資の達人になる投資講座」は期間限定無料(Webオンライン受講も可能)

  • 開催場所

    東京(地方の方や自粛中の方に向けた限定オンライン版有り)

  • 投資の達人になる投資講座は、無料なのに内容が盛りだくさんで驚きました!

    投資について何を勉強すれば良いかわかりました。土台を教えていただいたので、そこを大切にし道を外さないようにしたいと思います。情報量が多く、とても楽しかったです。私が聞いていて興味を持った言葉は、「人は間違う。正しいことができない」ということです。

  • 初心者だけでなく中級者にも満足の内容!

    投資経験は5年程度ですが、20年間投資家として活躍されている講師からの講座は刺激的でした。複数のセミナーに参加しましたが「投資の達人になる投資講座」はダントツに内容が濃く非常に勉強になりました。執拗な勧誘はなく安心して講義を受けることができたのも好印象です。

閉じる

SEMINAR2

ファイナンシャルアカデミー主催「お金の教養講座」

ファイナンシャルアカデミー主催「お金の教養講座」
引用元:ファイナンシャルアカデミー https://www.f-academy.jp

ファイナンシャルアカデミー(以下:FA)は2002年から始まった日本の投資スルールのさきがけです。『株式』『不動産』『FXスクール』を運営しており誰にでもわかりやすく実践的な内容に定評。体験版として4時間の『お金の教養講座plus』を無料で提供している。

詳細を見る

  • 講師

    アンケートで高評価のプロ教師のみが講師を担当

  • 講座内容

    投資初心者に向けた『お金の教養』と『各投資スクール』の概要

  • 受講料

    無料 (web講座は1000円)

  • 開催場所

    全国主要都市

  • お金に関する考え方が変わりました

    前半のお金の教養講座で天引き型の貯蓄法の重要性を知ることができた。自動的にお金が増えていく体質にしていきたいと思いました!

  • 内容は特筆するものはなく初心者用

    投資をある程度した方にとっては物足りない内容であった。初心者の方にとっては逆にわかりやすくためになる内容だと思う。

閉じる

SEMINAR3

株の学校123

株の学校123
引用元:株の学校123 https://123kabu.jp/

株の学校123は泉幹氏によって2005年に設立された株の学校です。他のスクールの講師も元々株の学校123出身の方もいらっしゃいます。同スクールでは株で損失する可能性をミニマイズし利益を伸ばす123理論を伝えています。オンライン講座となっているので初級者から上級者まで幅広く対応しています。サポートという名目で月額料金が発生するというのが難点。株の学校123も体験版のオンライン講座を提供しています。

詳細を見る

  • 講師

    代表や元生徒の現役トレーダーが担当

  • 講座内容

    123理論を習得したプロトレーダーの解説

  • 受講料

    無料

  • 開催場所

    オンライン

  • 解るまで徹底して教えてくれる!

    興味がある方にお勧めしたいと思いますね。123の生徒さんで、女性も、前よりビックリする程増えましたし。私の周りにはまだそういう女性が少ないので、もし興味のある方や、やりたい方に出会ったら、お勧めしたいですね★お勧めポイントは、解るまで教えてくれる所!です(笑)ちゃんと、自分自身が理解できるまで、教えてくれる所が良いです・・!

  • とても親切で初心者でもわかりやすくて安心!

    受講していて、とても親切な印象を受けた。受講料に関しては、まあまあと言った感じ。初心者だったので心配だったが、全然わかりやすくて安心した。

閉じる

SEMINAR4

カブックス

カブックス
引用元:カブックス http://openingbell.net/

カブックスは藤井百七郎によって運営されている株の学校です。カブックスでは売りから相場に入る空売りと通常の買を組み合わせるカブックス流売買法を講義で教えています。カブックスも体験版講座を用意しており3000円は発生しますが10人という少人数で密度の濃い授業を受けることができます。

詳細を見る

  • 講師

    カブックス流投資手法で利益を出している個人投資家が担当

  • 講座内容

    株の基本的な内容から実際の売買ポイントまでを少人数講義形式でレクチャー

  • 受講料

    3000円

  • 開催場所

    全国主要都市

  • 表層的な解説ではなく、プロセスまでしっかり教えてもらえる!

    チャート・パターンの解説に特化した内容で、非常に新鮮でした。表層的な解説ではなく、市場参加者の真理を段階的に解説しながら、どのようにチャート群が形成されるかのプロセスをご教示いただいたので大変納得感がありました。(N・Kさん 男性40代)

閉じる

SEMINAR5

株の学校.com

株の学校.com
引用元:株の学校.com https://www.kabunogakkou.com/

株の学校.comは株式投資に特化したスクールです。2006年に創設以来50万人以上が利用していいます。講師は『株の学校』の著者でもある窪田剛氏を中心としています。

株の学校はメール講座と通学講座を二つを用意しています。メール講座は3日おきに約1通のペースで初級者から中級者向けの内容が配信されます。通学講座は6時間と他のスクールに比して短い時間ではありますがお手頃価格で株の売買手法を中心に提供しています。

詳細を見る

  • 講師

    窪田剛氏を始めとした投資家

  • 講座内容

    継続した利益を出すためのトレード手法

  • 受講料

    通学コース:19,800円(6時間)
    メール講座:無料

  • 開催場所

    オンラインと通学

  • 株取引の要点が掴めた

    自分の中で株取り引きにおいておさえないといけないポイントが明確になった。具体的な使用ツールや講師の売買ルールなど実践的内容に満足。

  • とても丁寧に教えてくれる!

    本を買うだけでここまで丁寧に教えてくれる所は無いと思います。トレードに参加する人が増えてこそ、そのパイは膨らむのです。プロのスポーツ選手がファンに優しいのは、そのスポーツの全体のパイを増やす為でも有るのです。参加者が多ければ市場規模も大きくなり社会に貢献する事に成るのだと思います。

閉じる

SEMINAR6

トレーダーズアカデミー

トレーダーズアカデミー
引用元:トレーダーズアカデミー https://traders-academy.jp/

トレーダーズウェブは株式投資スクールです。月額会費15000円で何度でも講義を受講することが可能となっています。また受講型とウェブ型の2つをコンテンツを用意しているのも強みです。講義については基本的な内容となっており初級者から中級者用になっています。トレーダーズウェブでも体験版の無料セミナーを提供しています。

詳細を見る

  • 講師

    講師の実績等については不明

  • 講座内容

    初心者でもわかりやすいテクニカルを伝授

  • 受講料

    無料

  • 開催場所

    国内主要都市

  • 通えば通うだけ理解が深まっていく!

    7月から通い始めて3ヶ月、証券口座の開設から教えていただき、今ではなんとなく自分で判断しながら株の売買が出来るようになりました。通えば通うだけ理解が深まっていくのを実感しています。

  • 一番使いやすいと実感!

    これまで色々な株情報サイトを試してみましたが、やっぱりトレーダーズウェブの無料情報が一番使いやすいと実感しています!

閉じる

不動産投資セミナー

SEMINAR1

日本財宅

日本財宅
引用元:日本財宅 http://www.nihonzaitaku.co.jp/

日本財託は20,000以上の物件を取り扱っており入居率99.5%以上を誇る国内中古不動産販売会社です。都内の駅近物件を管理し専用ホームページで都内5000社に情報発信をして高い入居率を実現しています。日本財宅はサラリーマンに向けて2時間半の中古マンション投資セミナーを実施しています。

詳細を見る

  • 講師

    同社社員やサラリーマン投資家台場貞文氏が担当

  • 講座内容

    中古ンション投資法としてリスクの考え方から物件の選び方を説明

  • 受講料

    無料

  • 開催場所

    東京

  • めんどうくさがり屋の私でも実践できそう!

    日本財託のマンション投資はとても堅実で、確かに将来のために非常によい投資方法だと感じました。めんどうくさがり屋の私でも実践できそうな点にも魅力を感じました。(32歳・男性・会社員・埼玉県在住)

  • また参加したいと思う!

    他の会社と異なる視点での見方で参考になりました。また参加したいと思うとともに不動産に興味を持ちました。(S・T様 男性 38歳)

閉じる

SEMINAR2

REISM

REISM
引用元:REISM https://invest.re-ism.co.jp/

REISMは都内の中古物件をリノベーションマンションを取り扱う不動産会社です。入居希望者が行列を作る優良物件を多数保有しているとしてヒュバンを集めています。REISMは取締役の巻口氏が記載している『入居者20人待ちのワンルーム経営』も評判を呼んでいます。
REISMでは無料体験版セミナーも戦略編と実践編の二種類を提供しています。

詳細を見る

  • 講師

    【戦略編】REISM代表の寺内直哉氏
    【実践編】専務の巻口成憲氏が担当

  • 講座内容

    【戦略編】物件選びのポイントと戦略
    【実践編】1Rマンション投資の手法とリノベーションの意義

  • 受講料

    無料

  • 開催場所

    東京

  • 根拠あるデータと安定した運用ができる戦略

    リズムのセミナーは、根拠あるデータで説明され、不動産投資においても安定した運用ができる戦略が確立されていることが印象的で、その後に行った他社数社のセミナーが物足りなく感じた程です。

閉じる