クレジットカード

みなさんはクレジットカードを選ぶ時に、どのような基準で選んでいるでしょうか。

手軽にお買いものをしたいからクレジットカードを持っているだけという方はおそらく少数派で、手軽にお買いものが出来る上にポイントも貯めることが出来てお得だから、という方が多いと思います。

そこでここではポイントサービスがお得なおすすめクレジットカードをいくつか紹介してみたいと思います。

ポイントの貯まり方や使い方がクレジットカードによって大きく異なるので、

一通りチェックしてみて、自分に合ったクレジットカードを見つけてみてください。

楽天カード

ポイントが貯まるクレジットカードの代表といっても過言ではないのがこの楽天カードです。

100円のお買い物をすると楽天スーパーポイントを1ポイント獲得することができて、1ポイントは1円分の価値として様々な場面で利用することが可能です。

楽天スーパーポイントは楽天カードを利用すると貯められるポイントですが、それ以外にも楽天のサービスを利用してもポイントを貯めることができます。

楽天のサービスを楽天カードで支払うと獲得出来るポイントが増えたり、楽天カードの優待店舗を利用すると獲得ポイントが数倍になったりします。

このようにとても貯めやすい楽天スーパーポイントは、主に楽天のサービスで利用できます。

楽天の中心的なサービスである楽天市場はもちろん、旅行会社の楽天トラベルやネット証券会社の楽天証券でも利用出来ますし、楽天カードの支払いにも利用出来てしまいます。

他にもマクドナルドやミスタードーナツ、ローソンといった楽天と提携している街中のお店で現金のようにも使えてしまう、とても便利なポイントです。

よく貯まって利用方法も多様、使う機会がなかったとしてもカード支払いに利用出来る。

そのためポイント重視でクレジットカードを選びたいと思っている方にはまずチェックしてもらいたいカードです。

 

Yahoo!JAPANカード

 

大手ポータルサイトのYahoo! JAPANが発行しているクレジットカードがYahoo!JAPANカードです。

Yahoo! JAPANのサービスを便利にしてくれるという特徴を持つクレジットカードですが、貯められるポイントサービスもとても便利で、日本でトップクラスに利用出来る場所の多いTポイントが貯まります。

基本的にYahoo!JAPANカードで100円分の支払いをするとTポイントが1ポイント貯まります。

それに加えて、Yahoo!ショッピングやLOHACOといったサービスでカードを利用すると、更に数倍のポイントが獲得出来ます。

貯まったTポイントは提携先のお店で利用したり、様々なものと交換したりすることが可能です。

交換先にはOricoやJCBのポイントサービスや、証券会社のSBIポイントがあります。

ジャパンネット銀行を利用すれば現金にも交換可能なので、Tポイントを利用する機会がないと思った方は現金にしてしまうのも良いかもしれません。

ただし現金にした場合は若干還元率が落ちてしまうので、その点には注意しましょう。

ちなみにYahoo!JAPANカードはTカードとしても利用出来るので、日頃Tカードを利用している方はクレジット機能のついたTカードとも言えるYahoo!JAPANカードを選んでみてはいかがでしょうか。

 

Orico Card THE POINT、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

 

その名の通りポイントがとても貯まりやすく、高還元率なクレジットカードがOrico Card THE POINTです。

入会金・年会費が無料にもかかわらず還元率は常に1%以上もあります。

特に入会後の6カ月間はよりお得で、なんと還元率は2%です。

さらにオリコモールというサイトをネットショッピングの前に経由すると獲得ポイントがさらに上昇し、利用するお店によっては還元率が10%を超えることもあります。

貯まったポイントは他社のポイントサービスと交換したり、好きな商品と交換したりすることができます。

交換可能ポイントにはdPOINTやauのポイントもあるので、携帯電話料金の支払いに利用しても良いですし、amazonのギフト券と交換してお買い物で利用するといった使い方もできます。

オリコカードにはOrico Card THE POINT以外にもOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDというものもあり、こちらは年会費が1950円(税込)かかりますが、より効率良くポイントを貯められるカードになっています。

旅行傷害保険やショッピングガード、会員限定優待特典などもあるため、ワンランク上のサービスを受けたい場合はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。

dカード、dカードGOLD

dカードはdocomoのdポイントが貯まるクレジットカードです。

2年目から年会費1250円(税抜き)がかかってしまいますが、年に1回でもdカードをショッピングで利用すると無料になるので、実質年会費無料のカードと言えます。

dカードも還元率の高いカードで、お買い物を100円するたびに1ポイントが貯まり、ドコモのケータイ料金を支払う場合は1000円ごとに10ポイント貯まります。

ポイントの使い道はドコモのケータイ料金などを支払う以外にも、ローソンやマクドナルドといった街中のお店でも使う事ができます。

これらから分かる通り、dカードはかなり優秀な高還元率クレジットカードですが、dカードにはdカードGOLDという更に優秀なクレジットカードもあります。

dカードGOLDは年会費10000円(税抜き)のクレジットカードです。

年会費が高すぎると思われるかもしれませんが、ドコモのケータイを利用している方やドコモ光を利用している方なら、年会費以上のポイントがもらえてしまうとてもお得なカードです。

なんとドコモのケータイやドコモ光の利用料金を支払った時に貯まるポイントは1000円で100ポイントにもなり、これはdカードの10倍です。

1ヶ月のケータイ料金が8000円、ドコモ光の利用料金が4000円だとすると、年間で144000

円かかります。

単純計算ですが、これを支払うと年間で14400ポイントも貯められるので、年会費を払っても十分にお得と言えます。

どちらもお得なカードですが、ドコモのサービスを利用する方ならdカードGOLDをよりおすすめします。

JCB CARD W、JCB CARD W plus L

 

JCB CARD Wは39歳までの方が対象のWEB申し込み限定クレジットカードです。

通常のJCBカードに比べてポイント還元率が高く、常に2倍のポイントが貯められます。

OkiDokiランドというサイトを経由してネットショッピングをすれば獲得ポイントが最大で20倍にもなりますし、ポイント獲得効率の良さは他のクレジットカードと比べてもトップクラスです。

ここまで優秀にも関わらず入会費や年会費は無料なので、誰でも気軽に申し込めます。

最大2000万円の旅行傷害補償が付いていたり、電子マネーのQUICPayも利用出来たりもするので、ポイントだけでなくこういった面から見ても年会費無料のクレジットカードとしてはかなり優秀な部類に入るのではないでしょうか。

JCB CARD Wには女性に嬉しい優待や保険がついているJCB CARD W plus Lというものもあるので、女性の方はこちらのカードもチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ポイントでの還元率が高いクレジットカードを中心に紹介してみました。

ここで紹介したクレジットカードは通常時の還元率にあまり大きな差はありませんが、効率良く貯める方法や使い道はかなり異なります。

特に年会費がかかるクレジットカードはポイントの貯まり方に特徴があるものが多いので、自分に合っているクレジットカードなのか、その年会費以上のポイントを貯めることが出来るのかなどを考慮して申し込んでみると良いのではないかと思います。

 

関連:「クレジットカード」について総まとめ!キャッシュレス化が進む世の中でのクレカの活用法。

なぜ今お金を学ぶのか?

 

老後はどのくらいのお金が必要ですか?

何歳まで働き、どのくらい稼げますか?

皆さんの祖父母世代は、銀行にお金を預けているだけで金利が10%、親世代は7%がつきました。

今は、0.01%しかつきません。

資産が倍になるまでの年数は、10%であれば7.2年。 7%だと10.2年。

今の日本の、0.01%だと6932年かかります。

昨今の2000万円問題もあり、投資による自助努力で、老後資産を築き自身の身を守る必要が出てきてます。

しかし、焦って投資を進めてしまうのはおすすめしません。 必ず失敗します。

また、資産運用を始めるにあたり、まずはセミナーに足を運ぶ選択肢もあります。

このサイトでは、あなたの目的や生活スタイルに合った投資・資産運用、おすすめのセミナーを特集しています。

資産を増やしていくには、適切な「伴走者」が必要です。

お金の不安を解消すべく、このサイトを活用し、明るい未来への第一歩を踏み出してください。

おすすめの記事