投資におけるリスク(=標準偏差)とは?リスクリターンの本当の意味をわかりやすく解説する。
Businessman jumping over gap with gear mechanism in concrete bridge as symbol of overcoming challenges. Cityscape on background. 3D rendering.

投資信託の目論見書などを読んだことがある方ならリスクという指標をみたことがあると思います。

しかし、皆さんは投資において『リスク』が表す意味について理解されておりますでしょうか?

以下は参考までに人気の『ひふみ投信』の月次運用報告からリスクリターンを表している図をとってきました。

2019年3月末時点で過去3年のデータから考えて『ひふみ投信』のリスクは15.2%、リターン11.2%となっています。

ひふみ投信のリスクリターン

レオス投信『ひふみ投信』

ユッキーチ
アホヤン!君はリスクがどういう意味かわかっておるか?

アホヤン
リスクが5%だったら、5%下落する可能性があるということではないですか?

ユッキーチ
ではリスクが5%、リターンが5%ということはどういう意味になるんじゃ?

アホヤン
5%の利益が出て、5%の下落の可能性がある。ということですか.....

ユッキーチ
自分で言ってて矛盾していると思わんか??

アホヤン
・・・・・・・ぐうの音もでません。。
多くの方はリスクというと価格が下落する危険性という意味で考えている方が多いと思います。
しかし、投資におけるリスクというのは価格の振れ幅の大きさのことを指します。
価格の振れ幅の大きさというのは専門用語では標準偏差といいます。
本日は投資におけるリスクの概念と、リスクリターンの本当の意味についてお伝えしていきたいと思います。

投資におけるリスク(=標準偏差)とは

投資におけるリスクというのは先ほども申し上げた通り、価格のブレ幅のことです。

ユッキーチ
アホヤン。ではリターンが同じ5%の場合、AとBでどちらがリスクが高いと思う?

アホヤン
当然Bですね!これだけ価格が大きく上下すると怖くて保有できないですよ

投資におけるリスクを図解

アホヤンの言う通り、価格の上下動が激しい金融商品のことをリスクが高いと評しているのです。

少し難しい用語でいうと標準偏差という指標で表されます。

標準偏差は、ある測定期間内のファンドの平均リターンから各リターン(例えば月次リターン、年次リターン等)がどの程度離れているか(すなわち偏差)を求めることによって得られる統計学上の数値です。この数値が高い程、ファンドのリターンのぶれが大きくなります。

ではもっと標準偏差を理解していただくためにリスクリターンという観点で見て生きましょう。

リスクリターンから考える統計学的なリスクの意味

投資におけるリスクの意味について深くしるためにリスクリターンを見ていきます。

リスクリターンをわかりやすく図にすると、振り子運動のようなものです。

平均的なリターンから、振れ幅が大きくなる可能性があることをリスクが高いと表現します。

リスクとリターンをわかりやすく説明した図

では数値を用いてリスクリターンの意味を紐解いていきましょう。

もう一度、先ほどの『ひふみ投信』のリスクリターンについてご覧ください。

リスクリターンについて

過去3年間の『ひふみ投信』のリスクリターンはリスク15.2%、リターン11.2%となっています。

リターンに関しては皆さんが考えている通り、3年間の平均のリターンは年率11.2%となります。

ユッキーチ
つまり過去3年間から考えて、来年期待できるリターンは11.2%ということじゃ。そして重要なのはリスクの方じゃ。

 

先ほど申し上げた通りリスクというのは価格がブレる可能性の高さのことを指します。

つまり平均リターン11.2%からブレる可能性のことをさしています。

そして統計的にいうとリターンが以下の範囲に収まることを意味します。

ユッキーチ
数値で表すと以下の通りになるんじゃ。

【68.3%の確率】
平均リターン11.2  - 1×リスク(=標準偏差)15.2%= ▲4.0%

平均リターン11.2  + 1×リスク(=標準偏差)15.2%= 26.4%


【95.4%の確率】
平均リターン11.2  - 2×リスク(=標準偏差)15.2%= ▲19.2%

平均リターン11.2  + 2×リスク(=標準偏差)15.2%= 41.6%

 

【99.7%の確率】
平均リターン11.2  - 3×リスク(=標準偏差)15.2%= ▲34.6%

平均リターン11.2  + 3×リスク(=標準偏差)15.2%= 56.8%

アホヤン
つまりリスクが高ければ高いほど、大きなリターンとなる可能性もありますし、大きさ損失となる可能性もあるということですね

 

では箸休めとして米国の代表的な指数S&P500と日本の代表的な指数であるTOPIX500指数のリスクリターンについて見ていきましょう。

-コラム-S&P500指数とTOPIXの過去5年からみるリスクリターン

S&P500指数のリスクリターンはS&P500指数に連動する日興証券が運用する『上場インデックスファンド米国株式(S&P500)』を参考にします。

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)の過去5年はリスク16.38%に対してリターン11.87%となっています。

一方TOPIXのリスクリターンは野村アセットマネジメントが運用する『TOPIX連動型上場投資信託』を参考にします。

TOPIX連動型上場投資信託の過去5年はリスク15.31%に対してリターンは7.88%となっています。

TOPIXとS&P500指数のリスクリターン

つまり確率からいうと両者は以下の範囲に収まることとなります。

【68.3%の確率】

S&P500:▲4.51% 〜 +28.25%
TOPIX  :▲7.43% 〜 +23.19%

【95.4%の確率】

S&P500:▲20.89% 〜 +44.63%
TOPIX  :▲22.74% 〜 +38.50%

【99.7%の確率】

S&P500:▲37.27% 〜 +61.01%
TOPIX  :▲38.05% 〜 +53.81%

アホヤン
大きなリターンと少ないリスクという観点でいうとS&P500の方が良い成績となってますね!

ユッキーチ
まあ、特に米国株は2017年堅調じゃったからな。
では、次にリスクとリターンの関係をシャープレシオという指標を使ってみていきましょう。

シャープレシオという考え方

アホヤン
リスクリターンの考え方についてはわかりました。ただリスク10%リターン15%の商品とリスク7%リターン10%といった商品の場合、どちらが優れているか判断するのは難しいですね。

ユッキーチ
うむ。そちのような者のためにシャープレシオという指標があるぞ。

まずはシャープレシオの定義についてご覧ください。

リスク(標準偏差)1単位当たりの超過リターン(リスクゼロでも得られるリターンを上回った超過収益)を測るもので、この数値が高いほどリスクを取ったことによって得られた超過リターンが高いこと(効率よく収益が得られたこと)を意味します。異なる投資対象を比較する際に、同じリスクならどちらのリターンが高いかを考えるときに役立ちます。
このシャープ・レシオは、リスク調整後のリターンを測るものとして、投資信託の運用実績の評価などにも利用されます。

式にすると以下の式で計算されます。

シャープレシオの算出式

アホヤン
『無リスク資産の収益率』とは何ですか?

ユッキーチ
元本保証で増やすことができる投資じゃ。例えば国債じゃな。ほぼ0%じゃが。。
世界に目を向けると米国債は3%近いですが、日本円建でみると為替リスクがあるので無リスク資産とはいいません。
米ドル建の商品に投資するのであれば、無リスク資産は米国債とすべきです。
しかし、日本円建の投信などでは日本国債が無リスク資産として妥当となります。
因みに財務省が個人向け国債として売り出している国債の金利は0.05%(年率)と殆ど0%となっていますので今回は考慮しないこととします。
つまりシャープレシオはリスクに対して、リスクをとってどれだけ効率的にリターンを得られているのかという指標といえます。
例えば、先ほどアホヤンがあげた2つの例で考えてみましょう。
リスク10%リターン15%の商品A
▶︎ シャープレシオは(リターン15% )÷(リスク 10%) =1.50
リスク7%リターン10%の商品B
▶︎ シャープレシオは(リターン10%) ÷(リスク 7%) =1.42
商品Aの方がリスクに対して効率よくリターンを上げているということが出来るのです。

まとめ

リスクは下落する可能性が低いというわけではなく、価格の変動幅の大きさを示す指標です。

リスクとリターンを両方みることで、統計学上確率的に何%の確率でどれだけのリターンに収まるかを推測することができます。

『リスク』という考え方1つとっても、知っているか、知らないかで投資判断に影響を及ぼしてくることがご理解頂けたかと思います。

『お金』まわりの知識を体系的に学びたいという方はGlobal Financial Schoolがわかりやすく網羅的な講義内容となっています。

この期に『お金の教養』を身につけてみてはいかがでしょうか。

▶︎ 【GFS】評判のGlobal Financial School(グローバルファイナンシャルスクール)の内容・講師陣・価格に切り込む。

▶︎【評判・評価】GFSの無料体験版『お金の達人入門講座』の内容・口コミを徹底解説!

 

 

関連:資産運用・投資基礎用語・知識を総まとめ!実践に生かして財産を築こう。

なぜ今お金を学ぶのか?

 

老後はどのくらいのお金が必要ですか?

何歳まで働き、どのくらい稼げますか?

皆さんの祖父母世代は、銀行にお金を預けているだけで金利が10%、親世代は7%がつきました。

今は、0.01%しかつきません。

資産が倍になるまでの年数は、10%であれば7.2年。 7%だと10.2年。

今の日本の、0.01%だと6932年かかります。

昨今の2000万円問題もあり、投資による自助努力で、老後資産を築き自身の身を守る必要が出てきてます。

しかし、焦って投資を進めてしまうのはおすすめしません。 必ず失敗します。

また、資産運用を始めるにあたり、まずはセミナーに足を運ぶ選択肢もあります。

このサイトでは、あなたの目的や生活スタイルに合った投資・資産運用、おすすめのセミナーを特集しています。

資産を増やしていくには、適切な「伴走者」が必要です。

お金の不安を解消すべく、このサイトを活用し、明るい未来への第一歩を踏み出してください。

おすすめの記事